--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KARA最新情報

 

最新韓国芸能ニュース情報記事

 

キムサラン関連記事

 

ヒョンビン関連記事

 

ユン・サンヒョン関連記事

 

ヨン様ペヨンジュン関連記事

 

最新韓国芸能情報

KARA解散:KARA訴訟、結局KARAは解散になる?第2の東方神起事態!

2011年02月15日 09:00

KARA(カラ)が本格的に法的紛争に突入した。

KARA解散KARA訴訟1

カラ(KARA)のハンスンヨン、カンジヨン、チョンニコルの3人が、法律の代理人法務法人ランドマークを使用して所属社DSPエンターテイメントを相手に契約部の存在の確認請求訴訟を提起した。

カラ(KARA)の専属契約解除通知後27日間の訴訟である。

これにより、カラ(KARA)の今後の活動が不透明になった。

事実上のカラ(KARA)の解体ではないかという極端な意見も提起されている。


KARA解散KARA訴訟2



本格的な法廷紛争に入って、問題が解決されるまでに長時間かかることが不可欠だからだ。

また、『カラ事態:KARA事態』のこのような進行は、2009年のSMエンターテイメントを相手に専属契約の効力停止仮処
分申請訴訟を提起した東方神起 の事態と似ており、懸念をかもし出す。
 
東方神起5人画像


当時、東方神起のユンホ、チャンミンを除くジェジュン、ユチョン、ジュンスは、所属事務所SMエンターテイメントを相手に訴訟を提起し、以後2010年6月のグループJYJを結成し、他のグループで活動している。

ユノとチャンミンも最近二人で東方神起という名前でアルバムを出して活動するなど、事実上の東方神起は、既存の五人メンバーが二つに割れた状態だ。

KARA(カラ)も、DSPエンターテイメントの残留を宣言したパクギュリとクハラがKARA(カラ)の名で活動を行うことができるか、ファンの関心が集まっている。


KARA画像1

また、ハンスンヨン、カンジヨン、ニコルなどの3人がDSPエンターテイメントを離れると、KARA(カラ)の名で活動が難しく、今後どのような方向で活動するか帰趨が注目される。

しかし、法的紛争に突入しただけに、東方神起の場合のようにカラ5人が再び舞台に上がって歌を歌う姿は見えにくいようだ。

ただし、すでに『カラ事態:KARA事態』以降、一緒に日本に来てドラマ撮影に臨むなど、カラ(KARA)が率いる新韓
流熱風が最高潮で、ドラマの撮影などの限られた日本での活動は可能である。


KARA画像2

一方、先月30日に放送された韓国番組『時事マガジン2580』によると、"KARA(カラ)3人側は、メンバー一人あたりの国内のレコード販売収入の支払いが一ヶ月平均13万ウォンに過ぎず、納得しにくいと主張している"としている。


当時の放送で、弁護士は、"ジャンピンアルバムの売り上げが4億ウォン程度になる"とし"だが、3億9千7百万ウォンが費用である。売り上げのほとんどが費用に出て行った"とし、理解するのは難しいという反応を示されていた。
関連記事

KARA最新情報

 

最新韓国芸能ニュース情報記事

 

キムサラン関連記事

 

ヒョンビン関連記事

 

ユン・サンヒョン関連記事

 

ヨン様ペヨンジュン関連記事

 

最新韓国芸能情報



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://koreawidenews.blog137.fc2.com/tb.php/148-2ef8e697
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。